期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

2014年06月26日

6月26日の記事

人狼ゲームでの気づき

5月からはじめた人狼ゲーム大会。回を重ねるごとにおもしろくなっていく。

最初は、ゲームの名前から「ハテナ」のゲームでしたが、、、

これがやってみると面白い!!!

市民側、人狼(人のふりした狼)側のチーム戦なのですが、
市民側は人狼を見つけ出して、すべて追放すれば勝ち。
人狼側は、市民を食べていき人狼側と同数にすれば勝ち、というチームプレイなのだ。

市民側は、特殊能力をもったプレイヤーがいて(参加人数により加える)
その能力を駆使して、ヒントを掴む。
人狼側は、人狼同士だけが唯一、人狼であることはわかる。
このシンプルなルールを活用していく。

1ターンごとに、4、5分くらいの追放会議(誰が人狼か?)を行う。
手がかりになるのは、全員の「会話」のみ。
ある人は、自分の配役を名乗り出るが、そうすると人狼のターゲットになってしまう。
そして会話すると餌食になりやすかったりするが、会話しないとヒントは得られない!
黙っていても、刻々と人狼の餌食になってしまう、、、。

ということで、如何にルール、配役の能力、参加者のレベル差などを考える必要がある。
状況判断の能力はもちろんのこと、
発言、しぐさ、身振り手振りまでもお互いのヒントになり得る。

そういうワクワクゲームなのです。

幸田は、主催しているので司会進行をよくやっていますが
公平にゲームが行われるように振る舞うのが重要な役目。
だが、一つ高い位置で世界を見ているようで非常に面白い!

一人一人の参加者の表情、発言、個性、特徴、積極性、など本当によく出るのです。

これは「人間観察」好きな人には司会役はいいかもしれないですね。


昨日は、晩ごはん会にて、人狼ゲームを披露するということで過去にプレイしたことある中で有志を募った。なんと5人も参加頂いた。本当に感謝感激である。

それぞれのプレイヤーの個性はあるにしても、一つ真理を気づいた気がしました。

それは、、、、

私一人では、成し得なかった!「仲間」がいたからこそ、晩ごはん会にてまた興味をもった方に波及していった。

私一人の力より、5人も合わせた6人の力により、さらにその場で参加した5人に伝わっていく。

そして周囲で見学していた人にも波及する。

物事の広がりって、こうやって普及していくのだなー、と思わず感動しました。

気がついたらメンバーが、周囲の人に説明を始めている。

人狼ってこうやるんだよと、これが面白みで、こうするとコツが掴める、みたいな。

チームが一つの方向に一丸となると、

まるで、雪だるまが転がるとどんどん雪の玉が大きくなっていくかのごとく、、、

そういう転がる手前を見た気がします。

そもそも、「人狼」というキーワードを聞いた瞬間に「えー」とか、
「何それ?」とか、その反応も非常に面白いのです。

人は、自分にとって情報のないものが入って来た時、非常識がやってきたときに反応が人それぞれである。

でも、やってみると「面白い」と言うのです。

2時間の会の時間でだいたい3ゲームくらい。

そのえもいわれぬような楽しさを味わい、「またしたいな」と思えるゲームになる。

ここから先も面白い。

面白かった!と思えるものを追求していくか?

日常生活に戻り、いつのまにか忘れちゃうか?

おそらく80%くらいが「忘れる、薄れていく」のだろう。

この感動を追求する人、さらに学びに変えていく人、活用する人までいろんなパターンが出て来るのだろう。

私は、「活用させて」もらいました。

こうやって大事な学びや、人狼を通じての仲間が出来ていく。

共有の目指すものをもつ会話は楽しい。

ただ、飲みに行って愚痴とか、批判とかするより建設的だ。

どうやったらうまくできるかなか?どうやったらもっと会話が盛り上がるかな?
どうやったらもっと役をつき通せるかな?

とかメンバーの間ではそういう会話で盛り上がる。

素敵な会なんです。

ゲームを通じて、「学び」の体験をしたい方は是非!

人狼ゲームは、狼の月にちなんで、、、、

毎月、「満月」「新月」の日に開催しています。

よかったら足をお運びくださいませ。

人狼ゲーム
  続きを読む

Posted by 幸田 一浩 at 12:22Comments(0)

2014年06月24日

10年日記

10年日記


10年日記今年はさぼってない。

少しは成長したのかと思える。

昨年の6月23日は珍しく記録されていた。


「人生が大きく変わっている気がする」と記されていた。

今まさに昨年の6月23日から一変している。

自分の生きたいように生きている。

昨年の6月23日には、5年後の自分がどこに転勤しているか?住んでいるか?すらわからなかった。

どうしてここまで気づかなかったのだろうか、、、今思うと不思議ですが、
それは天が与えてくれた経験値としてあるのだろうと思える。

つまり16年余りのサラリーマン生活でないと気付けなかったこと、語れなかったことは、サラリーマン出身の自分だからこそ語れるものがある。

それは私にしかない強みだと思います。

ブログは便利だ。こうやって書き記せる。

ある経営者に学んだのは、「自分のための書き記すもの」として

ブログを活用するといいと言われて気が楽になりました。

後で見返せるなら、、、

10年日記も思わぬ、気付きが。。。ということでここに記します。

ますます続けたくなりました。

10年日記。

この10年は、自分で何をするのか、決めて、その目標、ビジョンに向かって突き進んで行きたいと思います!!


  

Posted by 幸田 一浩 at 08:13Comments(0)

2014年06月21日

出会いからの強烈な刺激!!

最近、交流会、朝活、ランチ交流会、異業種交流会、そしてコンパまで、、、

ものすごい物量で多くの方と出会わせて頂ける。それにも感謝です。

出会いに感謝。

その中で、また大きく感謝する出会いがありましたので書き留めておこうと思います。

その方の夢は、人には役がある。
1、理念、思想
2、人間性、
3、何かの一芸に秀でる

この三つを高めるコミュニティの形成。
それを海外に、日本人らしさの礼儀、礼節など仏教思想を根底とする良さを海外へもっていく。。。

すごく素敵な夢です。

なぜこの夢を思想を叶えていくかの、夢の中に混じりっ気ない思いを感じられました。

すごく重い病に過去にかかったそうです。

その治療、闘病の中で読書に耽ったそうです。

外出もできない病。本当に辛かったのだと思います。

その中の気付きで、三つのことを確立されたようです。

その思想は、仮に自分の生命が長くないにしても 誰かが引き継いでいってくれるのではないか?

子供を作るためには投薬をやめて、命を危険にさらして 安全な遺伝子を引き継ぐか?病気が遺伝される可能性の子供を宿していくのか?だそうです。

死線を乗り越えた時、

そのような思いの時に、

「やるべき使命」が降りてくると言います。

成功へ向かっている方、輝いている方などは、皆話を聞くと同じように言われます。
そして付け加えます。

「自分ではないみんなにそういう思いをしてほしくない」と。口々に。

私は、痛風の診断をくだされ、部屋のトイレまでの3mの距離を歩けなかった時に

生死を意識しました。

それを肥満、太った方、同じ痛風などの方にも味わってほしくない。

その思いは一緒です。

だからこそ、今の最高の、最良の手段を普及させないといけない。

食や栄養の知識を広めないといけない、使命感に駆られました。


自分自身に置き換え、

本当にまだ甘かった、こんな素晴らしい思いで、死を意識しながら前に進んでいる方にまた勇気を頂きました。

この文章を作りながら、再度 言葉を頭で噛み締めます。

カフェで作成してますが、涙が止まりません。

それは、自分の甘さへの悔しさや、その思いに熱くなりました。

この日記を後で振り返ってどう思うか?

この深く感動を受けたものをブログに記録できておけることは感謝。

この思いを胸に、今日からまた自分の行動、思想、理念、など見直して

さらに前に進みたいと思います。

今日も一日結果に拘ろう!!!
  続きを読む

Posted by 幸田 一浩 at 10:20Comments(0)

2014年06月20日

成功者から聴くと成功は早い

その道の成功者の真似をする。そうすると成功は早い。

よくビジネスの世界では耳にします。

確かに、あなたが初めて野球をするとします。
その時に誰から教わりますか?
目指すものは、野球で成功したいとします。

①友人 → あー、野球知ってる。よく応援してるし、ソフトバンクの大ファンなんだ!草野球はかじってる。昔地区予選は突破?高校でレギュラーかどうかな人。

②知り合いのコーチ → 少年野球を指導。高校野球チームで甲子園に導いた経験あり。自身でも甲子園出場経験あり。

③イチロー → 大リーグ経験。もちろん日本のプロ野球も。

④一流評論家 → 大リーグの取材は経験。一流選手とも親しい。ルールや戦術なども勉強している。テレビでは喋りも上手く話も面白い。


私なら、躊躇せずに③。

それは何故か?野球で成功したい訳です。
それなら、一流になった、成し得た人から聞く方が一番早いです。
野球というテーマならよくわかるのでしょうね。

そうでもなく、地元の学校で家が近いからくらいの学校で、
本気で甲子園目指して、その先の野球での成功を、目指してくれてもいいのだけど、それって本気なの?と聞かれるに違いないです。

これをダイエットに置き換えると、本質が見えてきます。
ビジネスなども同じことは言えますよね。

目指すもの?→ダイエット成功、リバウンドしないで健康になる。

①友人 → 万年趣味ダイエット、特技リバウンド。一度数キロ痩せた経験あり。でもまた太った。

②知り合いのトレーナー → 生徒さんを何人か痩せさせてはいる。
結果の出ない生徒さんもいる。それなりに楽しそうなので、和気あいあいとして楽しそうなレッスン。

③理想の自分を作り上げたトレーナー →目標値を達成。健康になる。リバウンドなしで、考え方や習慣までも変化。ストイックに結果を求めている。
妥協を許さない

④某媒体などで有名な芸能人 → 自身は元から体系きれい。取材はしてる。勉強もしていて媒体露出が多い。発言力あるので、何か一言放てばその物品が飛ぶように売れる。

私は、やはり③を選びます。

でも、よくいませんか?
あなたの周りに。
①の友達に相談する人、、
周りはダイエットに成功したことないのに、、、
何故でしょうか?野球と違ってダイエットのことを軽く見てるからというのもあるでしょう。失敗した私からすると、全然意味がないし健康というものをあまりに軽視しすぎなんです。
乗り越えるとわかることですが、やたらと話題には上がります。ダイエット。
健康にも関心高い方は非常に多いことを思います。
最近は、名刺交換した時など話題に上がることは多いです。
あまりに幅広い分野なので、皆様それぞれに健康に対する知識、情報、断片情報、誤解などでお持ちなのでしょう。

②のトレーナーの方は少しは真面目ですが、ポイントがずれてますね。どうせ習うなら最高のプロに習いましょう。努力をするのなら、、空回りする前に。また楽しくするのではなく人間集中してストイックがよいと経験して感じます。

④マスコミ情報などに踊らされる方、、
私も四回ダイエット失敗したときに振り回されました。
でも、テレビの前の憧れのあの人は本当にダイエットしたのか?してなかったり、広告だからですよー。
成功者に聞くことが一番早いのですよ。

いろんな所で、いろんな話題が上がるダイエットや健康。
少し前までは、口を挟みたかったこともあります。
最近でもよく思いますが、、、

ぐっとこらえて我慢してます。

その方が聴く姿勢、聴きたい気持ちになってないと本質は伝わらないから、、、

それより幸田の話を聴きたい!となるまでを如何に作っていくかだと思い行動してます。

ダイエットも野球と一緒。
本気で習うなら、本気で成功したプロまでお問い合わせくださいませ!!

  

Posted by 幸田 一浩 at 06:36Comments(0)

2014年06月18日

現実と真実と事実の違い

現実と真実と事実の違い

来月はいよいよ半年前から計画していた家族旅行。あなたを含め、家族全員で楽しみにしていました。

ところが直前になって上司から「先月の予算が未達成だから、休暇は取り下げて業務にあたってほしい」と指示を受けました。

ずっと楽しみにしていた休暇ですから、今回はなんとか許可してもらえませんか?」と食い下がって見ましたが、「今回ばかりは駄目だ。休暇をやめるか、会社を辞めるか、どちらかを選べ」と話し合いの余地はありません。仕事を失うわけにはいかないので、やむなく休暇願いを取り下げました。

仕事を終えて、家に帰ったあなたは妻と子供に残念な報告をします。
「ごめんな。仕事の都合で休みが取れなくなった。みんなの期待を裏切ることになって悪いが旅行には行けない。別の機会に絶対に連れて行くから今回は我慢してほしい」

さて、このような場面であなたのパートナーはどんな反応を示すでしょうか?

ある妻は子供達にこう伝えました。
「旅行には行けなくなったのは残念だけど、お父さんのこともわかってあげて。それに旅行を一番楽しみにしていたのはお父さんでしょう。そのことはみんな知っているわよね。」
家族のためにいつもがんばって働いてくれているお父さんのことだから、きっと何か事情があったのでしょう。いいわね。また今度連れていってくれるというからそれまで我慢しましょう。
お父さんはね、いつも私たちのことを大切に思ってくれているんだよ。
だからみんなもお父さんのことを労って心配をかけないようにするんだよ」

それに対してもう一人の妻はこう言いました。
「正直、半年前に旅行に行くって言われた時に、あなたはなんだかんだ言っていかないと思っていました。
結局 あなたは家族よりも仕事を優先する人。そんなことは最初からわかっていました。
だから今の話を聞いても「ああ、やっぱり」としか思いません。もういいです。
二度と旅行の約束なんかしないでください。そういうことなら、お父さん抜きで私たちだけで行きますから!」

真実は、「上司から旅行をやめるか、会社を辞めるかどちらかを選べ」と言われたことです。

事実は、「旅行に行けない」ということ。

現実は、「旅行に行けない」という事実に対する2人の妻の反応と、それぞれが子供達の思考に与える影響です。

前者の家庭では、子供達はお父さんを尊敬するでしょう。お母さんがそのような現実を作ったのです。

ところが後者の家庭ではどうでしょうか?
父親と一緒に出かけることはなくなり、お父さんはだんだんと家庭内で孤立して、子供達とのコミュニケーションは減って行くでしょう。
家族以外のことに居場所を求めるようになるかもしれません。


同じ事象に対して、違う現実が存在するのはなぜでしょうか?


捉え方が違うからです。しかし、その思考の違いが私たちの現実を創って行きます。
この例で言えば、どちらの家庭が円満に、幸せな人生を送れるかは明白です。
真のパートナーは、いつでもあなたの心に栄養を与えてくれる存在です。

現実と事実は違います。

幸せになるためには、幸せになれる選択をしましょう。
それは物事を肯定的に見て、受ける愛より与える愛に喜びを感じる生き方です。

不平不満が溜まるのは自分中心に考えているからです。問題の原因は他人にあると思っています。そうした甘い考え、依存心があると、価値が生み出せないどころか人間関係の信頼までなくなります。

欲しいもの、足りないものばかりに目を向けるのではなく、すでに与えられているもの、感謝を軸に自立した行動をするのが、価値を生み出し、信頼されていく40代の生き方です。

40代からの成功哲学、青木仁志さんの一つの章より。

本当にこんな
現実、と真実と、事実が往々としてあると感じます。

物事の本質を見ようとしない人が何故こんなに多いのか?と感じることがあります。

人のふりみて我がふりなおそうと思ったりします。

現実は、捉え方でこうも違うし、その現実を作りだすのは、
例えば食に対してのその捉え方だからそうなる(肥満やら、、)

本当の健康もそんなに難しくなく、シンプルだ。
ただ三大欲求という最も人間の最低欲求の食に関わるため、
現実は、酷い状態だ。

私は、肥満人口撲滅のために、
この現実を、変えられる一人になりたいと本当に思います。

  続きを読む

Posted by 幸田 一浩 at 09:00Comments(0)

2014年06月14日

強い願望は人を変える!

ドラえもんの最終話。
ドラえもんという漫画は小さい頃のバイブルでした。

のびたの成長が勇気を与えて貰えたりしました。

改めて、最終話を見たとき目頭が熱くなった。

そうです。。強い強い願望はいくらでも人を変えるのです。

私自身の-27.1kgの軌跡も、今からもそうです。

「自分を強く変えたい」ことをイメージし、未来を描き、
今の体型を作って来ました。
のびたは強い願望を叶えるために変わります。
この素晴らしい漫画は、私たちにそんなに勇気を与えてくれるストーリーです。
http://blog.livedoor.jp/rulie0130/archives/1003852919.html

  

Posted by 幸田 一浩 at 01:28Comments(0)

2014年06月04日

61日目の記録!!

私のお客様の記録。
数値に現れると嬉しい限りです。感謝。

おはようございます。
お客様の記録。
61日目!!
体重-13.5kg(90.4kg⇒76.9kg)
体脂肪率-4.2%(23%⇒18.8%)
本当に私が嬉しくなってきます。

そして、私の体験したダイエットの方法論が過去にテレビに特集させれました。


http://m.youtube.com/watch?v=ffFpXPCC7lk#

その2
http://m.youtube.com/watch?v=q5biPnPyLjg#減量測定61日目!
  

Posted by 幸田 一浩 at 13:38Comments(0)

2014年06月02日

長寿遺伝子2

初投稿のURLを訂正

①長寿遺伝子
http://m.youtube.com/watch?v=ffFpXPCC7lk#



http://m.youtube.com/playlist?list=FL2UbuP3u7georLBR8Q7zNsA

これは大事な二つの映像なので活用しようと思う。
  

Posted by 幸田 一浩 at 07:48Comments(0)

2014年06月02日

長寿遺伝子

おはようございます。
本日から記録をはじめていきます。
自分自身への忘備録の役割のようなことも含めて。
振り返ることができる記事にしようと思っています。

最近 私のダイエットを振り返ってハッとされされた。
求めていることが、超健康=ダイナミックヘルスを目指しているからでした。
2013年痩せている最中は夢中で気づきませんでした。

でも後から何故なんだろう?と振り返ると気づくことがある。
またそれが私の技の一つだったりする。
生涯ダイエット、というか健康作り、健康寿命を伸ばすことは私自身にもテーマ、
そしてライフワークとして一人一人に伝えていきたい。

だから気づいたことなど記していきます。

昨日ランチ会で10人の前でミニセミナーをしましたが、
過去のテレビ番組に自分の行っていることが特集されました。

私が伝えたいことが、テレビで昔特集されていたみたいなので、送ります。長寿遺伝子、

http://m.youtube.com/watch?v=cmekIpsmHbw#

その2です。
http://m.youtube.com/playlist?list=FL2UbuP3u7georLBR8Q7zNsA

長寿遺伝子が鍵で、
まさに私は長寿遺伝子がスイッチオンに入り体はあるべき姿に戻りました。
お陰様で体内年齢は22歳。
これを続けて行こうと思う。日々の習慣だ。

私自身のセミナーでも、過去は変えられない。
未来は変えられると言う。

ここから先の未来は今すぐ行動すれば三ヶ月後には明るい未来が待っている。
だから今すぐするべきである。

未来への結果である原因は、いまから作りましょう。
  

Posted by 幸田 一浩 at 07:38Comments(0)