期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

2014年07月04日

映画の会を試運転

映画の会を試運転するために、数人と鑑賞に行きました。

マレフィセント

眠りの森の美女の話を知る人は多いはず。でも実は、、、とおう内容が予告であっていたので気になっていました。後から振り返ると封切りで、しかも初回の映画だったので意味があった気がします。
まず「真実の愛」は実は、身近なところに、それも相手を思いやる気持ちから滲み出てきて、それは究極は「与える愛」なんだということに気づかされました。
誰もが知っている「眠りの森」は王子様と「真実の愛」のキスをする。それが目覚めになるというストーリーですが、「誰もが知っている」からこそ、その予想と期待をいい意味で裏切りました。
マレフィセントがオーロラを思いやる気持ちは、「親が子を思う気持ち」「人が人を思いやる気持ち」と同じような愛であり、結果的に「真実の愛」を呪いを掛けた本人に気づかせることになりました。
真実の愛を発見するシーンは、深い気づきを頂き、涙が出ていました。
アンジョリーナジョリーの「顔」で演技をする「顔」で人々を感動させる演技は昔から好きで、やはりいい味だしていました。苦悩の表情、愛に気づいた時の顔、後悔した表情などすばらしい演技でした。
またディズニー映画なのか、この作品の色のコントラストの鮮明さがはっきりしていて綺麗でした。
妖精の国のシーンでは、CGも使いますが幻想的で、色が多く、カラフルで生き生きとして、人間の国は鉄や兵など、火も使い物々しい、硬い色が使われていました。
この対比が印象的でした。
マレフィセントとオーロラのコスチュームの黒と緑のコントラストも鮮やかで、ここまで「色」一つで、見せ方や雰囲気も大きく変わるものだと実感しました。
映画から訴えられ気づいたものは、

真実の愛 →身近に相手を労わり思いやる気持ち、守りたい、そこから生まれる与える愛。

思いは貫くもの → 失敗して、転んでも、つまづいてもなんとかしようとして、行動することや情熱が思いを成就させるということ。

この2つです。
このような初回に、皆様と感動を共有できてそれがまた何よりも価値だと感じました。
ありがとうございます!!

これが7月4日の感動体験である。

未来で振り返ると、過去の自分になんと思うだろうか?

後で見たいと思って今日の思いを綴ります。

しかし多人数で行く映画はまたよかったなあ。
  続きを読む

Posted by 幸田 一浩 at 13:00Comments(0)

2014年07月02日

成功者はライバルの成功も祈る

今朝の朝活での学び。
学びをシェアしあうのです。
その中で、素晴らしい言葉に出会いました。
それは、今日頃心掛けていることだったからです。

タイガーウッズの逸話は人の話で偶然知ることになりましたが、身震いしました。

タイガーウッズは、ゴルフの試合中、相手がパットを入れる瞬間どう思うと、思われますか?

「入るな」と一瞬思ってしまいましたか? 感情もあるでしょうし。勝利を手にしたいですよね。

ところが、タイガーウッズは、その瞬間「入れ」なのです。恐らく気合を入れて、魂を込めて。

これは想像です。なぜか?
相手方の成功を祈るからなのです。ある意味オーラを味方につけることでもあるかもしれませんね。

「入るな」の否定形では、マイナスの効果がもたらすことにつながるからです。マイナスを考えると、そのものを引き寄せ、相手をそのイメージで思うことが、そのまま引き継がれる。これは、事実ありがちですね。

せっかく、ベストなゴルフをしているなら、なおさら。自分にプラスをもたらすことには繋がらないからですね。

波及するのか、波動ともつながるかもしれません。プラスと反対の波を言動、思いを引き継ぐと、どうなるでしょう。

つまり本来の自分のゴルフができなくなる。相手に合わせるから恐らく、そのことの動作に翻弄されるからです。

反対に、相手を想い、プラスを思うことで、自分にもプラスをもたらす。と言うか、マイナス要素がないので、そうなりますね。継続している自分のプレーにゆらぎがなくなる。

ここは自分で少し拡大解釈をしていますが、
そういった近い意味になると思います。
マイナスを取り去っているのでプラスイメージすることで、プレーに集中できる、

相手のゴルフボールがカップインすることで、自分もそのイメージを継続して余計な雑念が無くなり、プレー中、最高の力や形を維持して力を発揮できる。このことは大きいです。

凄く大事なことだと痛感しました。実際の人生で考えても、すごく分かりやすいです。

仮に「入るな!」と思ってカップインしたなら、どうなると思いますか。少なからずショックを引き継ぎます。入ってしまったのかとか。

これって、自分のことではなくて、相手のことです。相手は関係ないのです。自分が自分のイメージを持って、まさに、この瞬間ゴルフプレーをしているところですから。試合中、動揺しないで、いいイメージを保ったままプレーをし続けることは、とても大切なポイントになります。

これは何もゴルフに限らず、どんな試合や仕事にもあてはまるでしょうか。相手の成功を思うことで、プラスイメージを持つ、自分のもっている軸はブラさない。

対戦相手やライバルが、いい結果になれば、それはそれでいいことじゃない。と、思っていればいいだけです。プラスイメージを継続していくことで、いいチャンスに出くわすことにも必ずどこかでつながります。

人のことを応援する、相手のことを真に思いやる、
相手の成功を願う。すなわちそれが自分の成功にも繋がってくる。

偉大な成功者は、既に実践していました。

私の屋号も、「利他主義=altruism」
人様のためにお役にたてることが、自分の幸せに繋がる。
すごく深い学びでした。

今日も一日張り切っていきます!
  

Posted by 幸田 一浩 at 09:47Comments(0)